2016年5月27日金曜日

楽器を持って電車に乗る

中央線で、混んでいる時に、よくバンドやっている人がギターなり楽器を持っているのですが、服装からしても、頑張っているかっこいいロッカーという感じがあります。

中央線ではないですが、自分もギターをハードオフで買った場合、二個や三個になった時には、電車に置いていますね。

その場合、混んでいる時間帯は大体失敗します。

人の視線は、全く気にならないんですよ。問題はぶつかって面倒な思いをしたくないというのがあります。


自分はギターを直したくて買っているため、バンドマンのように演奏にはこだわってはいませんが、でも昔の何とかで弾きたいと思う時がありますが、特に午後になってから、中央線って、乗れないくらい混む時、新宿の教室なりで、ギターを持って入るのは物理的に無理と言いますか、僕はやりたくないですね。

それなら、混んでない午前の平日に、ちょっと離れた場所で学びたいというのがあります。


以前、凄い都市部の所に津軽三味線を持っていきましたが、へとへとでした。楽器を持って移動するなら、ある意味、近場か、地方の方が楽です。

都市部は本当に疲れてしまいます。三味線も大きいですしね。困ったものです。